最強の暗記方法5選

  • URLをコピーしました!

資格を取得するうえで避けて通れないのが暗記です。

暗記に始まり、暗記に終わる、と言っても過言ではありません。すいすい覚えられればいいですが、馴染みのない単語やややこしい概念など、いくら頑張ってもなかなか頭に残らない…なんてこともありますよね。

そこで、効率的に暗記をするための5つの方法をご紹介します。

それぞれの特徴をよく把握し、活用してみてください。

目次

スペースド・リピティション(間隔反復学習)

やり方

一度学習した内容を定期的に反復する。最初は頻繁に(数時間ごとに)、そしてその間隔を徐々に伸ばしていく(1日後、2日後、1週間後、1ヶ月後など)。

メリット

忘却曲線に基づく学習法で、長期記憶に定着させるのに有効です。

デメリット

継続的な学習とリピートが必要なので、組織的な学習計画が求められます。

向いている科目

言語学習や資格試験の事実やデータの暗記などにむいています。

フラッシュカード

やり方

1つの情報をカードに書き、見て覚える。裏には答えを書き、自己確認も行う。

メリット

自分のペースで学習でき、繰り返し使える。視覚的な学習が可能。

デメリット

大量の情報を覚える場合、多くのカードが必要となる。また、自分でカードを作るのに時間がかかる場合がある。

向いている科目

語彙や数式、特定の定義などを覚えるときに有効。

チャンキング(情報のまとめ方)

やり方

大量の情報を小さなまとまり(チャンク)に分けて覚えます。例えば、電話番号を覚える際に3つか4つの数字ごとに分けて覚えるような方法です。

メリット

ある程度大きな情報を覚えやすく、また情報それぞれの関連性を見つけるのに有効です。

デメリット

情報のまとめ方や関連性を理解するための初期の時間投資が必要です。要するに、準備が面倒…。

向いている科目

大量の情報や一覧を覚える際、特に情報間に何らかの関連性がある場合に有効です。

ストーリーテリング(物語性の利用)

やり方

学ぶ情報を物語に組み込んで覚えます。情報間の関連性や順序を覚えるのに有効です。

メリット

情報を楽しく、覚えやすくする。記憶に残りやすいのも大きなメリットです。

デメリット

全ての情報に物語性を付けるのは難しい場合もあります。また、物語作成に時間がかかることも。
要するに、これも面倒なんですよね。

向いている科目

歴史の出来事、生物の進化、化学反応などの順序や関連性が重要な情報を覚える際に有効です。

MNEMONICS(記憶術)

やり方

特定の情報を記憶しやすい形に変換する。例えば、頭文字を取って語句を作る、情報をイメージや場所に関連付けるなど。

メリット

抽象的な情報や具体的な情報のリストを覚えるのに有効。

デメリット

一部の情報に対してのみ有効であり、全てに適用可能なわけではない。

適している科目

解剖学や地理、言語学習(単語や文法規則)などの覚えにくい情報に対して有効。

まとめ

以上の5つの方法は全て、学習者の特定のニーズや目標に応じて組み合わせて使用することができます。重要なのは、一貫した学習習慣を維持し、自分自身の理解度を頻繁に確認することです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次